2009/02/24

久々にゲームを買う

今週26日に、ゲームセンターCX 有野の挑戦状の続編が発売する。

この番組をずっと見ている私としては、前作も買った。
「めちゃくちゃおもしろい!!」というわけではないが、気がついたときに「あ、あれでもやろかな」という感じで出来るお気軽なところが気に入った。

ちょっとまて。好むゲームの基準が、「お気軽だから」?
・・・は~、これがトシを取ったってことなのかな・・?

ゲームが、自分が慣れ親しんできた雰囲気からずいぶんと違うものに進化してしまったため、以前からは考えられないぐらいゲームをやらなくなった。

まず、私のゲーム離れが始まったのはFFがプレステで出るようになってからだろうか。
ぐりんぐりんの3Dポリゴンにどうも馴染めなかった。
ドラクエは辛うじてプレステの6まで。でもクリアしてない。

つまり、私は「ドット絵好き」の古いタイプの人間なんですよね・・
プレステ以降急激に増えた、過剰なまでのCGアニメーションが辛かった。

腰を据えてゲームをする時間がなくなった、という社会人の方は多いと思うが、私の場合は時間より、自分がやりたいと思うゲームがなくなってきたという方が大きい。

この「有野の挑戦状」は、私のような懐古趣味ゲーマーには安心してできるドット絵ゲーム(笑)。

もし小学生の時の私が、欲しいソフトはすぐに買える大人なのにも関わらず、ハードだけ買ってソフトが続かない今の私を見たら・・。がっかりするかな?

Related Articles

0 *:

コメントを投稿