2009/08/10

pogo sketch 使ってみた


EM・ONE関係でもお世話になった、
pocket gamesさんで購入
届いてからだいぶ時間が経ってしまったが、遅ればせながらpogo sketchのレビュー。

普通のpogo stylusより若干細めで、先の径も小さいので細かい作業に適した作り。
持ってみると、とても軽くていいかんじ。

書いてみた第一印象は、「意外と“ぎゅっ”と書かないと反応しない」。
滑らせる程度では反応しないので、しっかり筆圧強めで書く感じ。
この辺は、ちょっと想像と違った。

しかし先はふわふわした素材なので、強めに書いても表面が傷つくわけではないし、指で書くよりは明らかに効率が違う。


先はふわっとした素材
逆に、この素材ではやっぱりハードに使っていると、へたってくる可能性大。
買い換えることを考えれば、もうちょっと安くして欲しいところだけど・・

楽天などで検索しても、在庫アリのものはやっぱり2000円前後なので、1,200~1,500円程度で手に入るといいなぁ。

だいぶフリック入力に慣れてきたので、長文入力もほとんど苦にならなくなってきたが、すばやくメモをしたい時などは、FastFingaにこのスタイラスで書くともっと早く済むかも。

周知の通り、iPhoneはBluetoothのHIDプロファイルに未対応のため、脱獄でもしないとキーボード接続は今のところ不可能。

ただ、こんな商品が予約受付してる。当然、現行のOS 3.0では使えませんってでかく書いてあるが。

でも今受け付けてるってことは、次期OSアップデートで対応するって決まってるってこと?ほんとかなぁ・・・?しかも$92.00って高すぎないか?

そのうち、対応してくれるといいんだけど。
EM・ONE用に買ったBTキーボードがちょうど眠ってるしなぁ。

Related Articles

0 *:

コメントを投稿