2009/09/10

Macのメモリ事情


DDR2のPC5300なんて、今は激安
せっかく開けたんだから、ほんとは同時にメモリも追加したいとこ。
私の初代MacBook(Black)は2Gまでしか増設できないし、今なら相当安いので一気に上限まで増設しておこうかと。

しかし「Mac対応」を謳ってるメモリって、DOS/V機用の同規格のものに比べて結構割高。

MacもCPUがIntel製になり、内部の構造やパーツにDOS/V機との違いがどんどんなくなってきている時代だが、私の経験では、昔のベージュMac時代はもとより、最新機種でもいまだに「Mac用」と書いてあるものじゃないと認識しないことが多い。
「Mac対応と謳っていないメモリ」との相性にはかなりシビアなのだ。

なんでなんだろうね??HDDなどと同様、規格自体にはWinもMacも違いはないはずだが・・

以前、DOS/V機の感覚でふつーにクレバリーなどで2~3回買ったが、何台かのG4につけても全敗だったっけ。
でもWin機につけると、問題なく動くんだこれが・・・

トラやらヒョウやらにどんどんアップグレードしてくのもいいけど、こういう基本的な部分をなんとかして欲しい。ほんと、Winみたいにもっと気軽にバルクメモリ買いたい。

Mac対応と書いてないメモリをMacで使おうと思っている場合、相性保証がつけられるお店で買わないと痛い目にあう可能性があるので注意。

多少値は張っても、ちゃんとMacで動く保証があるものが欲しいという場合は、老舗のマックメムさんで買うといいかも。
こちらは、入荷したメモリを1つ1つ実機に挿して動作チェックをしているという徹底ぶりなので、ここで買えばまず安心だろう。
万が一合わなくても、もちろん交換してくれる。
その代わり、一般的な市場とはかなり価格が違うので要確認。

また相性保証はないが、Mac対応メモリを扱っている秋葉館だともっと安く手に入る。
対応機種も細かく書かれているし、価格的にもここが一番現実的かな。

Related Articles

0 *:

コメントを投稿