2009/04/30

ツクールシリーズのお手軽版 -メイドイン俺

たまたま見かけてしまったのが発売日だったということで。
買ってしまいました。

スーファミ版やPC版のRPGツクールをよくやっていたし、ゲームが作れるってコンセプトが楽しそうでつい。

ほんと、最近ゲームづいてて1日の時間が足りない・・


さて、ファーストインプレッションを簡単にまとめると。
音楽やアニメーションを作ることができた、あの「マリオペイント」を、“ゲームづくり用”という形でリメイクしたらこんな感じになりました、という雰囲気。

書いたものをすべて消すアイコンの一つ、ロケットが上に昇っていく消え方や、音楽を作る時の人間の顔の効果音「あっふん」とか(笑)、マリオペイントをやったことのある方ならニヤリとするなつかしさもあった。

昔はマウスを接続してやっていたお絵かきも、今ならタッチペンなので格段に書きやすいし!

マリオペイントと言えば、おまけでついていたあのハエたたきゲームを、このソフトで再現してみるのも面白いかなぁ。
いろんな人がそれぞれハエたたきゲームをつくって、ハエたたきゲーム専門コンテストみたいなのやったら楽しいかも・・

肝心のゲームづくりの方は、ワリオたちがやってくれるチュートリアル(「作り方教室」)がかなりしっかりしているので、誰でもある程度のゲームは作れるようになりそう。
解説を聞きながら全部で3種類のゲームを実際に作っていくことで、作り方を学べるようになている。

今、2つめのチュートリアルが終わったところ。
スイッチシステムとか、イベントの作り方がRPGツクールに似ているところもあるのでユーザーの方は入りやすいかも?

もちろん、「チュートリアルなんてたるい!」という方は、イキナリオリジナルのゲームを作り始めてもOK。
私は3つ全て終わったら、とりあえずたくさんあるサンプルゲームの中から選んだものを改造して遊んでみようかな~と画策中。

早速、世の職人さん方が往年のゲームのシーンを再現していて、ちょっとワクワク。
私もなんかつくるぞ!

余談。ワリオは、初心者には優しい性格だということが判明。
「がんばれ!!おまえならできる!!」などと励ましてくれるし、なんかイメージが変わった。
ふつーにいいやつ(笑

ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊

久しぶりに不思議のダンジョンシリーズがやりたくなり。
買おうか迷っていたものの、今回「メイドイン俺」を買うときに同時にえいやっと買ってしまった。

DSならシレンという選択肢もあったが、シレンを十分楽しめる自信がなかったので(涙)、難易度のやさしめなポケダンで・・(-_-;

スーファミでトルネコにすっかりハマり、次に出たシレンも買ったものの、残念ながら私の腕ではついていけなかったんだよなぁ。
先の方のダンジョンに行ったっていう記憶があまりない。。

さっき攻略サイト見て思い出してみたんだけど、多分、15~16階の瀑布湿原が最高記録だったかと・・おいおい、ボスが居るのは30階なんですけど?
最高でやっと半分だったのかよっ(T_T)ナサケナ・・

しかもこの辺のエリアに突入しても、腹が減ったりアイテムが無くなったりしてすぐに死亡してたよーな。
トルネコぐらいが私にはほどよい難易度だったんだろう。

・・こんなおまぬけさんでも、トルネコやポケダンなら楽しめるはず・・(笑)
ということで、やってみました。

とりあえず主人公を決めて、最初のダンジョンを探索。
うわー、なつかしい。この視点。不思議のダンジョン系は何年ぶりだろう。
ポケモン本編と同様、技が使えるらしいが、マニュアルを読むのはとりあえずあとで(笑)。
不思議のダンジョン常套のAボタン攻撃で敵を倒していき、とりあえず様子見。

ただ・・・持ち物が1つしか持てない。ひろうコマンドも赤字になって使えない。
落ちている物の上に乗ると、普通は自動的に拾うはずだが、1個しか持ち物がない状態で乗っても「オレンの実の上に乗った」と出るだけで拾ってくれない。。

最初のダンジョンだから、練習的な意味合いで持ち物は持って帰れないってこと?
何か説明がないかとあれこれマニュアル内を探してしまったけど・・攻略wikiにも書いてないし。う~ん、とりあえず最初のダンジョンだけなんだろうな。
この辺はマニュアルの「どうぐ」のページなどに書いといて欲しいところ。

ちょっと意外だったのは、DSiって、十字キーのナナメ入力が入りにくい。
確か、ナナメにロックして移動できる機能があったはず、、

・・と、いろいろとやっているうちに不思議のダンジョンの操作も段々思い出してきた。

不思議のダンジョンシリーズをプレイしている人なら、すんなり入れるかな・・と思ったが。
最初に取説を読むタイプではないのでいきなり始めたものの、結構ポケダン独自のシステムが導入されていたりして、ゲーム開始当初から結構マニュアルを読んだかも。

てな感じで続きます。

2009/04/24

SNSビジネス

イラスト系SNSが、最近増えている。
ネット上で、新たなビジネスの場として徐々に認知されてきているようだ。
・・え?そんなの随分前から?スイマセン、なんせ後ろからまったりついてくタイプなもんで。。

オリジナルの絵はもちろん、漫画・アニメキャラの二次創作イラストや、プラモ、モデリングした3DCGなど、様々な分野の発表の場になっている。

コミックルは運営にいろいろ問題ありそうなんでリンクはなしで。(笑
国産のもので有名なのはざっとこんなところなのかなぁ。

しかし、すごいなぁ。
絵を描いたりものを作ったりすることが好きな人が、こんなにたくさんいるということだ。

こうして集まった「好き」のパワーを、もっと別の活動やビジネスに繋げることはできないのかなぁ。
もちろん、作者たちに何らかの利益が還元される形で。

サービスの提供元が広告収入で儲けるビジネスモデルは、もうお腹いっぱいな感じ?
mixiアプリが、その打破になりそうか?

また、個人でもSNSが作れるような乱立時代になったせいか、登録者の個人情報が目当て(?)の悪質なSNSも存在するらしい。
きちんと運営会社がわかっている場合以外は、登録情報は詳しく書かず、登録に使うメールアドレスも無料のアカウントにするのが懸命みたい。。
危ない時代になった・・

2009/04/21

シェイミをゲットだぜ!(古 -ポケモンPt


ここまで来るのに、草むら多いしトレーナー戦も
結構あった
先週土曜日から始まった、ネット配信で「オーキドのてがみ」を受け取れるサービス
このアイテムがあれば、昨年の映画公開時に配布されたポケモン「シェイミ」をつかまえるチャンスが発生するとのこと。

私も早速オーキドの手紙を受け取って、シェイミちゃんを捕獲しに参りました。


とりあえず好きなミュージシャンにした
ポケモンリーグ側の入り口からチャンピオンロードに入り、殿堂入り以前は行けなかったところを進んで224番どうろへ。
大きな石碑がある場所に行くと、オーキドセンセがおわしました。

「おとなのなかまいりをした トレーナーの ありがとう という おもいを きざむらしい」
と言い、お前もお礼を言いたい人の名前を石に刻め、とオーキド先生。
別に「おとなのなかまいり」はした覚えないけど・・ゲームの中ぐらい子供でいさせてくれよぉ・・・(^^;


意外と捕まえづらかったり。
シェイミは、ボールに入りにくいのかな~と思いきや、普通のポケモンを捕獲するのと同様にぎりぎりまで減らして眠らせて、ハイパーボール1回で捕まりました。

でもHPを削っても、こうごうせいとかやどりぎのタネで回復しちゃうのでちょっと面倒だったかなぁ。先に眠らせればよかったか?(笑


Lv.は30。好みに育てるにはいいレベル?
これから育てるかどうかは未定。
ダークライを捕まえられるアイテムは、私がプラチナを買う1ヶ月前に配布終了してて涙をのんだので、今回は無事参加できましたとゆーことで。

ダークライは、もっかいぐらいチャンス欲しいなぁ・・・

DSiに変えたら「本日の挑戦」カレンダーが消えた -有野の挑戦状2


DSiで起動すると・・印がまっさら!
新しいものを買ってしまったら、どっちでやろうと一緒にしても新しい方を使いたくなるもの。

有野の挑戦状は、相変わらず毎日「本日の挑戦」を淡々とこなしているので、今日からはDSiでやろう、とソフトを移して電源を入れたら。

あれ??カレンダーについていたクリア済みの印が一個もなくなってる・・
そして、今日は「トリオトス」だって言われてたのに、デーモンリターンズに変わってるし・・・
なんで??


DS Liteでの画面はこれ。挑戦ゲーム名も違う
って、冷静に考えたら、DS本体のカレンダー機能を使っているらしいので、使う本体を変えたらカレンダーの印もなくなってしまうらしい。

でも、印の数は50個、スコアの数字も同じなので、本体管理なのは印だけみたい。
う~ん、なんか微妙だな。
やった記録がなくなってるわけじゃないけど、印がなくなるとどうも見た目が寂しい(笑

バックアップはソフト内にあるってのが今までの常識だったから全然気にしてなかったけど。
こういうこともあるかぁ~。

GCCXはLiteで続けようかな。

2009/04/20

ニンテンドーDSiを買う


重量はそんなに変わらず
ついに買ってしまった。。
色はライムグリーン。ピンクを買うつもりで行ったが、実物を見たところ微妙にくすんだピンク・・。もうほんのちょっとだけ明るければなぁ。
自分的にはグリーンの方が綺麗で気に入ったのでこちらへ変更した。

ポケモンユーザーとしてはまだ痛い、GBAスロットの廃止やらいろいろとデメリットがあるにも関わらず、どうせもう1台買うなら・・と思い切って新しいDSiの方を買ってしまった。

Liteでもよかったけど、気に入った色がなかったんだよね・・
(今使っているのは、懸賞でたまたま当たった北米版のLite、白)

微妙に画面が大きくなっているものの、体感的には変わらないと聞いていたが、個人的には意外と実感した。
特に、下画面が「大きくなったなぁ」という感じがしたな・・なんでだろ?広くなった割合は上下同じなのに・・

Liteでは側面にあった電源ボタンが前面に配置され、ぽちっとなでONになるのが楽になった。電源ONの状態で押すとリセットにもなってうれしい。
Liteでリセットする場合はL+R+SEL+STAと4つも押さないといけなかったし。

A、B、X、Y、STA、SELの各ボタンはストロークが浅くなって押しやすくなった。
特にSTA、SELは硬くてちょっと押しにくかったから、これは改善点と言えると思う。

他にも、音量調節ボタンの「-」を押しながら電源を入れると、無音状態にして起動することもできるようになった。
これは、電車内などでやる時覚えておけば役に立ちそう。

2.6mm薄くなり、また、4g軽量化しているとのことだが、これこそ体感的にはほとんどわからなかった。
薄くてホールドしにくいというレビューもあったが、私の場合ポリカーボネートのジャケット<クリア>をつけているので結構厚くなっていて、Liteとあまり変化は感じないなぁ。

内蔵カメラは驚愕の30万画素(笑)ということで、一桁足りないだろ!と思っていたが、明るい場所で、友人たちとスナップを撮って遊ぶ程度であればまあこんなもんでいいかも。

撮った写真をゆがませて変な顔を作ったり、色を変えたり、文字を書いたりとプリクラっぽい遊びができるようになっている
大人が使う場合は、飲み会などでこれをネタに友人たちとワイワイやる場面などで使うと楽しい、かも。
でも今は、携帯でもこれぐらいのことはできるだろうけど・・・

SDカードはまだ使ってないので、まだ音楽を聴くのは試していないが、本体のマイクを使って音を録音し、それを加工して遊ぶという機能を使ってみた
試しに声を録音し、スロー再生の低~い声にしてみたり、ヘリウムガスを吸ったみたいに高い声にしてみたり。
う~ん、これはすぐ飽きたかな・・(笑)他に面白い使い方があるのかも。


本当は北米ver.のマットブルーが一番気に入った色で、今年の4/5に発売してから速攻で買う気満々だった。
しかし、幸いにも買う前にリージョン制限がつくという衝撃情報を知ることができて、思いとどまったのだが・・・

しかもこの制限は、「DSiウェア」というネットを使ったダウンロード型販売のソフトだけでなく、他国で発売されたカートリッジ型ソフトにもかかるらしい。
つまり、DSi専用のソフトの場合、ソフトが発売された国のDSiでないと遊ぶことは出来ないとのこと・・
メッセサンオーで洋ゲーが買えなくなる・・
ゲームボーイ時代から、洋ゲーのカートリッジも時々買って遊んでいた私としては、ちょっとショック・・

DVDは一部リージョンフリーなものがあるが、DSi専用ソフトではそういうのは出てくるのかな・・?
どうしても洋ゲー命!な人は、ソフトに合わせてヨーロッパ版DSi、北米版DSi、・・などとハードをその都度買わないといけないことに。
私は無理・・

ただ、DSi専用のソフトがどれだけ出るのかまだわからないし、Liteの普及率を考えると、しばらくはDSi/DSLite両互換のソフト(つまりリージョン制限ナシ)がまだまだ出るとは思うので、今すぐ騒ぐ問題ではないかもしれませんが。


でもやっぱり、あのブルーがいいなぁ・・
あ~、リージョン制限が憎い。
でもリージョンロックされたソフトが出ても、すぐ解除する人が出て来るんだろーな・・

2009/04/17

明らかなウソを言い切るニュース発見

偶然たどり着いたニュース記事に驚いた。2ヶ月前の記事だけど・・
1本のゲームを2~4人で分け合う人がいる
「実は、友だちに自分のゲームソフトを貸すことはメーカーの権利を守るために禁止されているのである。そう、ファミコンソフトを友だちに貸したり借りたりしていた思い出がある人もいるかもしれないが、それも実は問題行為なのである。」

え~?!!PCゲームに限ってはその通りだけど、後半のクダリは大嘘でしょーが。。

記事内には、「禁止されている」のがPCゲームのことなのか、コンシューマゲーム機のゲームのことなのか、はっきり書いてないけど。

PCゲームソフトを貸し借りするのは、複数PCにインストールすることによってソフトのコピーができてしまうから確かに違法だけど、コンシューマ機のソフトを友人に貸し借りするのは何の問題もないのに。。
んなこといったら、本の貸し借りだって違法ということになってしまう。

昔、大手ゲームメーカー数社が中古ソフト売買を違法だと訴えたことがあったけど、最高裁で合法という判決が出ている
タダで貸し借りしちゃだめ、でも1円でも売ればいいってこと?(笑)・・そんなわけないもんね。

「ファミコンソフトを友だちに貸したり借りたりしていた思い出がある人もいるかもしれないが、それも実は問題行為なのである。」なんてクダリは大嘘になるはずだ。

一瞬、「え~?!いつの間にかそういうことに覆ったの?!」と思ってしまったけど・・危ない危ない。。
・・っていうか、このサイト、ネタサイトじゃないよね?エイプリルフールはもう終わったしなぁ・・
「未来検索」ってついてるってことは2ch系なのかしら。

偶然見つけたけど、ちょっとこの記事はマズいんじゃないのかね。。
私らファミコン世代が、当時「問題行為」を繰り返していたと勝手に決め付けないで欲しいわ。。

私もおこずかい100万円欲しい -ポケモンPt


中途半端なプレイなのでスコアも中途半端
気がついたら、いつの間にかおこずかいがカンストしてた。
え~、100万円でカンストかぁ・・

リゾートエリアの別荘の家具の値段が結構したから、あともう1桁ぐらい持てるのかと思ってたら。
いつからカンストしてたのかなぁ・・勿体無いことしたかも。。

別荘の家具にはあんまり興味はなかったんだけど、とりあえず使わないとと思って、「おおきいソファ」、「ベッド」、「テレビジョン」、「オーディオセット」、「ハウスプラント」、「パソコンデスク」を注文。すっからかんにして再スタート。

ハウスプラントを購入したら、ジムリーダーのナタネがやってきた。家を出るといなくなると思ったら、その後も居座ってるし(笑
こうやってどんどん人が集まってくるのかな?

ほんとはタウリンとかのドーピング薬系、わざマシンとかを買った方がいいんだろうけど、ポケモン育成を極めることにはそれほど興味なかったり・・(おーい、それがゲームの柱なんじゃないのか・・?)
だからまだバトルフロンティアにも全然参加してない・・(笑
いや、これからやってみたいとは思ってますよ、これから・・


てかね、やっぱりね。
年のせいにしたくないけど・・緻密な作業がめんどくさくなってるような気が。。
育成に関しても、パラメータでは見えない努力値があって、云々・・っての見ただけで、「あ、もういいです」みたいな・・。
(でも、木の実植え→集めは楽しい。・・アレ?)

昔は、ゲームであれこれ考えたり迷ったりするのって全然苦じゃなかったんだけど、最近は「ゲームでまで色々考えたくない」っていう部分もちょっとあり・・・
なんかやだなぁ。
だからといってリアルで色々考える事が多いってわけでもないのにねぇ。

バーチャルを体験できるのがゲームなのに、それにハマりきれてないなら楽しさも半減しているのでは・・?そんな自分がイヤだ。。orz

周りにポケモンやってる友達でもいれば、通信対戦とかやるために育成に燃えるかもしれないですが。
ネットで探してまで対戦しようとは思わないけど・・

お気に入りのポケモンに、あれこれ技の組み合わせを考えて戦略を練るってこともしてみたいけど、まだそこまで行けてない。

2009/04/09

きんのたまおじさん -ポケモンPt


しかもプラチナ限定で2個もくれた!大丈夫??
殿堂入りし、船でファイトエリアへ。リゾートエリア付近を散策していたら、出会ってしまった。あの、「きんのたまおじさん」に。

「さがしたかい?まちかねたかい?」と言い、おじさんはきんのたまをくれたが、最初は何のことやらわからず。
しかも、「とくべつに もういっこ あげよう だって きんのたま だからね!」と、2つもくれた。

しかし!


わかったってば(笑
任天堂がギリギリ許せる下ネタ?
「おじさんの きんのたま だからね!」というセリフを見て、ようやく思い出した。
初代ポケモンでもいたよこの人・・・

こんなところに出てくるとは思わなかった。初登場から10年以上経っても出すとは。
やっぱり開発側は、このキャラにこだわりがあるんだろうか?(笑

2009/04/08

やっと殿堂入り、そしてお楽しみへ -ポケモンPt


マニューラがほとんど出番なし・・
覚えさせてる技の組み合わせが悪かった
四天王を倒しに長いチャンピオンロードを抜けたと思ったら・・
四天王のポケモンラインナップを見たところ、レベルが足りないみたいなので、223ばんすいどうにて少し鍛えてから殿堂入り。

ポケモンリーグ戦で一番頼りになったのは、やっぱりガブリアスかなぁ。
性格とか育て方、技に無頓着なトレーナーであるわたくしでも、四天王たちに勝たせてくれました(笑

やっと「ぜんこくずかん」になって、GBAからポケモンをつれて来たりできるようになったし、これからがお楽しみの本番かな。