2010/03/18

アラサーとゲームと円丈師匠

RPG ツクール DS(通常版)
RPGツクールDS
先日、アマゾンで去年予約したコレ「RPGツクールDS」が届いた。
正直、忘れてた・・・

はっきりいって、去年ハマっていたメガテンも、ライブ準備のために中断して以来再開してない・・
トモダチコレクションもすぐ飽きた・・
ポケモン(ソウルシルバー)も、ポケウォーカー出しただけでゲームはまだ始めてない・・

ここ数年、バンドや、楽器・ヴォーカルの個人練習、イベントとか落語とか趣味の外出が多く、ゲームする時間がない~!!

なのに、ケロロRPGの評判がいいので欲しくなっているという有様。
このうえ、ただでさえ根気のいるツクール買うなんてアホか?? すいません・・

気持ちだけ、出来る気になってるだけなのだ。それはなんとなくわかってる。
食べ放題の焼肉屋に行って、最初はあれもこれも食べるつもりで想像を膨らませているが、実際はその半分ぐらいしか入らないのと似てる、かな。

大人になってヘンに経済力つくと、この辺考えなしに買っちゃうから始末悪いよ。
「いつかやろう」と思って買い続けて、積みゲーができていくんだろうなぁ。


しかし!いかんよ、こんなんでは!!
「時間がない」と言っても、1日が24時間なのは人間皆平等。
時間は作るものである。タイムマネージメントができてないだけ!
私より忙しい人々でも、ちゃんと遊ぶ時間を作れてる人はたくさんいるのだ。
ホント反省・・

ただし、やっぱりアラサーになってくると、1つのゲームをクリアするまでに50時間とか100時間とかかけるのも、なんか時間をムダにしてる気がしてきて後ろめたい。特にオンゲとか終わりないし。
時間の無駄と言っても、ゲームがくだらないからとかいうことではなく、「他に、ゲームより優先させなければならないことがあるんじゃないか?」という不安感、と言うのだろうか。

現在健康であっても、突然事故に遭うこともあり得るし、人はいつ死ぬかわからない。
「ああ、あの時ゲームなんかしてないで、もっと○○を楽しんでおくんだった・・」なんて死ぬ間際に思ったらヤだなぁ~、とか。。考えすぎなんだけどね。
そんなんだからゲームに対する集中力が持たず、つい他のことを優先してしまうってのもある。
そして、選ぶゲームも時間のかからないものにシフト気味に。
そんな状況が自分でも嫌で、あえてツクールを買ったんだけど。

マイコン時代からの筋金入りのゲーマーである三遊亭円丈師匠(65)ですら同じようなことを述べているし、年齢を重ねれば誰もが思うことなのかもしれない。

正直、もう100時間を越えるヘビーなゲームは、もう出来ない。そんな長いゲームをやっていたら、エンディングを見る前に寿命が来て死んでしまうかもしれない。もっと楽なゲームはないのか?スグ終われて、そんなにメチャ熱くならないゲーマーの道はないものか?
http://enjoo.com/rakugo/pasokon/gan_gamer06.html

ゲームは子供がやるものっていう風潮はだいぶ薄れたけど、そういう意味では、1日の時間をながーく感じることができる10代~20代前半ぐらいまでが、ゲームに適してる年齢なのかもね。

小学生時代なんて、1日がやたら長かったような気がする。
私もその時期にさんざんやったはずだけど、もっとやっとけばよかった・・。
どんだけやろうが、そう思うんだろうけど。

ただ、まだ私は円丈師匠の半分も生きてないのに、こんな泣き言を言ってちゃあいけないな。

円丈師匠は、現在65歳の現役ゲーマー。私が最も尊敬し、一番好きな落語家。
しかし、「長いゲームはもうできない」なんておっしゃってはいても、ドラクエ9も発売日に買って満喫されたようだし、ただのご謙遜なのかもしれないけど。
ホントに面白いと思うゲームが出たら、今でも何時間でもやるんじゃないかな。
ゲームの合間に高座に上がる、みたいな。(笑
私も、こういう心に余裕のある年のとり方をしたい。

年を重ねても、趣味に夢中になれる集中力と好奇心を失っていないことが、私が円丈師匠を尊敬する理由の一つ。
今の時代は娯楽が溢れているので、一見簡単そうだが、いくつになっても新しいことに興味を持ち続けるのは決して誰にでもできることじゃないと思う。
そんな方だから、素晴らしい新作落語が作れるのだろう。

では。とりあえず、私も早速RPGツクールに火入れするとしよう。
ツクールなんて、win版の2000以来かなー。久しぶりで楽しみ。

Related Articles

0 *:

コメントを投稿